×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

税務職員採用試験 資格

サイトマップ

税務職員採用試験ってどんな資格?

税務職員採用試験について、ご説明します。税務職員採用試験って、どんな資格なのか?

税務職員採用試験とは、公務員採用試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)です。国家公務員採用V種試験(税務)が201二年から、税務職員採用試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に変わりました。税務職員採用試験の難易度は、難しくもなくやさしくもなく、普通レベルくらいです。

税務職員採用試験の受験資格は、試験を受ける年度の4月1日において、高校・中学校を卒業して3年を過ぎていない方。また、試験を受ける年度の3月までに、高校・中学校を卒業出来る見込みのある方みたいです。試験の内容としましては、1次試験は、基礎能力試験(知能分野・知識分野)、適正試験(迅速かつ正確に事務処理ができるかの筆記試験など)、作文試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)です。

2次試験は、人物試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)(個別の面接)、身体検査が行われます。試験の申し込み期間は、6月下旬頃から7月上旬頃までです。試験の日程と合格発表そうはいっても、1次試験が9月上旬に行われ、合格発表が10月上旬、2次試験が10月中旬から下旬に行われて、合格発表が11月中旬になるでしょう。

試験の開催地は、1次試験と2次試験の開催地で若干違ってくるものですが、ほぼ全国各地で開催されていますので、おちかくの国税局にお問い合わせしてみて下さい。それに、税務職員採用試験の受験料は無料です。この税務職員採用試験に合格すると、税務大学校で1年間研修を受けることになります。その後、各地の国税局や税務署に就職することができ、国税の賦課や調査、徴収なんかの仕事に携わることが出来るはずです。公務員試験と同レベルですからやはり難しいというのが本音ですが、合格率10%程度という予測から行政書士試験や国家公務員試験と一緒に勉強して受験する方も多いでしょうね。

税務職員採用試験の受験概要

税務職員採用試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)の受験概要と、税務職員採用試験の対策に関して、ご説明していきましょう。

まずは、税務職員採用試験の受験概要についてです。受験資格は、試験を受ける年度(4月1日現在)で、17歳から20歳の方。試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)を受験する年度の4月1日において、高校または中学校を卒業して3年経っていない方。試験を受験する年度の3月までに、高校または中学校を卒業できる方です。

そして、税務職員採用試験の申し込み用紙の請求ですが、請求先は、各地の人事院地方事務局、または国税局となります。請求方法は2つあり、窓口での請求(土日祝日を除く9時から17時)と、郵送による請求があります。申し込み用紙の請求期間は、5月上旬頃から6月下旬頃で、申し込みは6月中旬頃から6月下旬頃までに、人事院中部事務局へ提出します。税務職員採用試験は、1次試験と2次試験があります。

1次試験の試験のスケジュールは、9月上旬頃。試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)科目として、基礎能力試験・適性試験・作文試験があります。1次試験の合格発表は、10月上旬頃はずです。2次試験の試験の日程は、10月中旬頃。試験科目として、個別の面接と身体検査があります。2次試験の合格発表(最終合格)は、11月の中旬頃みたいです。また、税務職員採用試験の対策としては、高校までの全科目をしっかりと勉強しておく必要があります。

特に数的処理は重要です。その他にも、試験や資格の勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)が出来る通学講座や通信講座(ユーキャンやニチイ、がくぶんなどが有名ですね)があるみたいです。そういった講座を利用して勉強するのも良いと思います。通信講座等を利用しないとしたら、少なくとも受験勉強の効率的な方法等を磨いて難関突破をめざすべきでしょう。それほど独学は結構精神的にキツイのでモチベーションが続きませんよ。

お勧めは平成の資格王と呼ばれる中村一樹さんが教える資格試験最短合格勉強法で試験突破を目指す方なら必読かつ習得すべきですね。公式サイトを紹介しておきますのでチェックをお勧めします。



税務職員の採用形態

税務職員となるためには、大別すると2つのルートがあるはずです。まず、高卒程度の国家公務員(内閣総理大臣や自衛隊員、裁判所職員などは、特別職になります)V種試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)と大卒程度の国税専門官試験です。もちろん、キャリヤ組の国家公務員(内閣総理大臣や自衛隊員、裁判所職員などは、特別職になります)T種試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)による大蔵省と国税庁採用がありますが、これらの人は30才前後に税務署長として来るだけです。

V種採用者は日本の至るところにある税務大学校で1年間、税法、会計、法律等の専門知識を身につけます。この研修(普通科と呼ばれる)は、公務員として採用されているので、当然に給料も支給されます。

一方、国税専門官採用者は、全国の採用者を一堂に船橋(平成10年から和光へ移転)の税務大学校で、3ヶ月間基礎研修を受けた後、全国の税務署に配属されます。その3年後に、又、船橋(和光)で専科研修を6ヵ月間おこないます。この専科研修は各自の専攻税法(所得税、法人税、資産税、徴収、間接税)について、担当教授がつき、ゼミナール方式で勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)します。そのほかにも、専攻税法以外の税法、商法、民法、簿記、会計学、行政法等の講義を受けます。

普通科を卒業したものは、勤務年数が7年を経過すれば、本科研修の選抜試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)が与えられます。この本科研修は新宿区若松町(現在は和光市に移転)にある税務大学校で1年間、専攻税法、簿記、会計学商法、民法等の勉強を全国の選抜試験に合格した職員と一緒に勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)します。

これらの研修は大学の授業と違い、さぼることは出来ないのです。給料をもらっていらっしゃいますから、研修を受けるのが仕事になるわけです。しかし、中には講義中居眠りしている人はいますが....。
研修の最後には、必ず試験があります。この成績が勤務評定となりますので、各研修生は机にかじりつきます。試験の成績上位1割は特別昇給(給料が1号俸あがる)というニンジンもあるそうです。勉強ばかりではなく、体育祭、文化祭そして飲み会は毎日みたいに多々あるのです。

国家公務員V種試験と国税専門官試験採用者の最終ポストは税務署長(同期で2〜3人は地方の国税局長クラスになる人もいる)までです。この税務署長になるのも大変な競争を勝ち抜いてこないとなれありません。同じ大卒といっても、大蔵省や国税庁採用者とは全く昇進のスピード(キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの出世作となった映画ですね)が違うのです。

東京国税局では、部長ポストが総務部、課税第一部、課税第二部、徴収部、調査第一部、調査第二部、調査第三部、調査第四部、査察部と9ポストありますが、この中で国税専門官と普通科に与えられているのは、調査三部長と調査四部長の2ポストにすぎありません。それも大蔵省組が三十台後半、国税庁組が40代前半であるのに対して、最終ポストとして56〜57歳で就任します。課長ポストは、総務課長が大蔵省組で31〜32歳ですが、残りのポストはノンキャリアが占めていますが、署長で勇退する前の50代半ばです。

「税務職員採用試験」について

税務職員採用試験って名称みると難関なイメージがありますね。確かに結構大変ではあります、元々は国家公務員採用3種試験にかわり平成24年から行われる公務員採用試験なんです。内容としては歳入予算の大半である国税の賦課・徴収を行う国税庁とか税務署への採用試験ですね。
難易度はレベル的には他の公務員試験と同等で合格率は10%程度とされています。