×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

税務職員採用試験 資格

サイトマップ

販売サービス系資格

販売サービス系資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)で人気の資格を3つ調べてみますね。

・販売士
・宅地建物取引主任者(さらに、ステップアップを目指すなら、管理業務主任者の資格も取得したいものです)
・インテリアコーディネーター

近年、この3つが人気のある販売サービス系資格です。

まず、販売士とはいえ、販売や営業の能力がどのくらいあるかを証明します。それ以外にも、マーケティングについてや仕入れなどに関しても、知識がなくてはなりません。販売士の資格を取得すると、真の販売のプロになることができるでしょう。

次に、宅地建物取引主任者ですが、不動産の売買、賃貸の仲介を行うのに必要になる資格です。宅地建物取引主任者は、難易度の高い資格といわれています。だからこそ、宅地建物取引主任者を取ることができれば、就職や転職、キャリアアップ(現状に甘んじることなく、スキルを磨いて自分の能力を高めることで、より有用な人材になることができるでしょう)につながるかもしれませんよね。

最後に、インテリアコーディネーター(インテリアコーディネーターやカラーコーディネーターなど、資格の名前になっていることもあります)とは言え、近年では特に注目され、人気が高まりいる資格です。インテリアコーディネーターは、室内の家具や照明、内装などのアドバイスを行うというのが主な業務内容になります。女性にとても人気で、インテリアコーディネーターの約8割は女性なんだとか。

「税務職員採用試験」について

税務職員採用試験って名称みると難関なイメージがありますね。確かに結構大変ではあります、元々は国家公務員採用3種試験にかわり平成24年から行われる公務員採用試験なんです。内容としては歳入予算の大半である国税の賦課・徴収を行う国税庁とか税務署への採用試験ですね。
難易度はレベル的には他の公務員試験と同等で合格率は10%程度とされています。

Copyright © 税務職員採用試験. All rights reserved